自動車用語とチューニング > 自動車用語 > レカロ
まぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」
あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前
(ハンドルネーム可)
メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)
©2002 FORMMAILER ahref.org
Powered by
Google
 

レカロ

1904年、馬車メーカーとしてレカロはドイツに誕生しました。当初はフォルクスワーゲンのプロトタイプや、ポルシェのシャシー開発も手がけていました。

当時からシートのOEM供給先には、メルセデス・ベンツやオペルなどの有力メーカーが名を連ね、優れた品質は伝説の名車「マイバッハ」にも採用されました。

1963年からシート製造に専念したレカロは、その10年後に世界的な大ヒット商品「アイデアルシート」を世に送り出します。100年に及ぶ栄光の歴史を支えてきたのがレカロならではのシート哲学です。

「いかに人間工学的に正しく座るか」自動車シート専門メーカーとして早くから人間工学的な発想と整形医学の研究成果を製品に反映。クルマに乗る人の健康を配慮した快適性や安全性まで、カーシートに求められる性能をトータルに追求してきました。

開発における技術の評価基準もほかと比べるのではなく、それがレカロブランドとしてふさわしいかどうかで判断します。「レカロか、レカロではないか」開発エンジニアたちはつねにこの言葉を胸に技術の革新を図りつづけてきました。

最先端機器を導入しラインの高効率化を図りつつも、熟練の技能者による手作りの部分がまだまだ大半を占める製造工程。デザインはコピーできても、レカロの機能や座り心地をまねできない理由がここにあります。

現在国産車では、インテグラタイプR、シビックタイプR、ランサーエボリューション、インプレッサSシリーズなど多くの車種に純正採用されています。

参考:レカロシート製造工程

1.NC裁断機によって表面素材をカット(シートのタイプによって分類される表面素材を生産計画に基づきカットする)

スポーツモデルにはホールド性や、耐久性の高い素材を、ラクジュアリーモデルにはクオリティ感や肌触りを重視した生地を選択します。というように、レカロシートでは、各モデルごとによって表面素材を使い分けています。ファクトリーには、表面素材だけでも150種を超える生地の反物がつねにストックされています。

シート製造のファーストステップは、当日の生産計画に基づいて、この表面素材をカットします。コンピュータによって管理されたNC裁断機が、生地をむだなくひとつのパーツへとカットしていきます。

2.カットした素材にロゴを刺繍し、部位ごとに縫い合わせる(専用機でRECAROのロゴを刺繍し、熟練のスタッフが縫い合わせていく)

厚い素材、究極が求められる正確さ。レカロシートを縫えるのは、研ぎ澄まされたカンとコツを持った、ほんのひと握りしかいない技能者だけです。ヘッドレストやバックレストに刺繍(ロゴ入れ)を施したのち、裁断された生地が縫製工程へと運ばれます。

ひとりのスタッフが2.5台のミシンを掛け持つTSS方式という生産体制で行われ、シートカバーが完成します。裁断機に検査されても縫製後にも再度検査が行われ、わずかでも問題が見つかると容赦なくハネられますが、ほとんどないらしいです。

3.シェルにバーツを取り付け、シートとして組み上げる(FRPやカーボンシェルに、ウレタンや表地カバー、プラパーツを取り付ける)

レカロのスポーツシート(量産モデル)の組み立ては、自動車の組み立てと同じように、シェル(クルマでいえばボディ)がアッセンブリーラインを流れる間に、複数のスタッフの手により各パーツが順々に取り付けられます。ラインの作業はカバーの装着作業から始まり、プラッスチックバーツの取り付けを経て、仕上げ作業のスチームワークにはいります。

シェルタイプの組み立てには、もうひとつの工程インナーの接着作業があります。接着作業は専用のブース(バッフルブースと呼ばれる)で、専属のスタッフの手により1脚ずつ丁寧に行われます。

4.厳格な検査を行い、出荷される(完成した製品をひとつひとつ厳格に調査、合格品のみが販売店へ発送)

アッセンブリーラインで組み上げられたシートは、最終の検品工程へと向かいます。規定の各項目を入念にチェック。シェルモデルには最終検品をパスした際に、FIAのステッカーが貼付されます。レカロには量産品を製造するライン以外に、特例モデルを手がけるスペシャルラインがあり、こちらの作業はさらに高い技能を保持する「レカロマイスター」と呼ばれる職人が担当します。

ひとりでシート1脚をまるまる組み上げます。最先端機器で効率アップを図りつつもハンドメイドのたしかさを守り抜く姿勢です。出荷されるすべてのアイテムにRECARO伝統のクラフトマンシップが息づいています。

また、シートを安全で確実に搭載できる専用のベースフレームも内製です。最先端の技術をフル導入し、ユーザーニーズに迅速に対応しています。20%の軽量化に成功し、理想のレーシングアングルを実現したスポーツユーザー待望のNEWベースフレームも、製作中です。

ベースフレームの製造工程は、大きく分けて「バーツのカッティング」「曲げ加工」「溶接」の3つです。この3つの工程すべてに最先端マシンを投入。シートと違い、車種別に製造するベースフレーム。これまで相当な時間を要したこのアイテムの製造を、各種マシンがハイスピードにこなします。

今話題のクルマブログはこちら!→

メンテナンスDVD第3弾!トヨタ 新型プリウス (ZVW30)
プリウスメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第4弾!ホンダ フィット
フィットメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第2弾!ホンダ インテグラタイプR (DC2)
インテグラタイプRメンテナンスDVD

ランサーエボリューション メンテナンスDVD
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク
中古車をパーツで速くさせる方法 ランサーエボリューション Station プジョー 206 Station 洗車機と手洗い洗車で自動車を綺麗にする方法
カーセキュリティーで車の盗難を防止する方法 育毛養毛で若ハゲをぶっ飛ばす方法

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2