自動車用語とチューニング > 自動車用語 > POTENZA(ポテンザ)
まぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」
あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前
(ハンドルネーム可)
メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)
©2002 FORMMAILER ahref.org
Powered by
Google
 

POTENZA(ポテンザ)

ポテンザとは、イタリヤ語で「力強さ」や「可能性」を意味し、1979年にRE47を登場させて以来、現在までストリートユーザーからサーキットユーザーまで幅広く受け入れられているブリジストンのタイヤブランドです。

その時代の最先端技術を取り入れられたポテンザは今やモータースポーツの世界最高峰であるF1でも正式採用され、さらにそこで培われたノウハウは確実に市販されるタイヤの開発にも活かされています。

ポテンザブランドの市販ラインナップは、時速200kmで走る国で鍛えた高次元のウェットパフォーマンスを発揮するRE050、ラジアルタイヤでドライグリップ最強といわれるRE‐01R(フェアレディZ バージョン ニスモ純正採用)、SタイヤのRE55Sが一般的に有名です。

また、純正車種専用タイヤとしてハイグリップラジアルタイヤRE070(インプレッサ WRX STI、新型シビックタイプR純正採用)などもあります。

ブリジストン POTENZA RE01R

ブリジストン POTENZA RE01Rは、前モデルのRE‐01をベースにしながらも数々の最新技術を投入し、ビックモデルチェンジが実施されたタイヤです。

開発に使用した車両は、R34GT‐R、ランエボ、インプなどです。筑波サーキットを舞台に行われた同条件の社内テストでは、RE‐01のラップタイムを大幅に短縮。サーキットでの速さにこだわるスポーツラジアルとして、進化を遂げました。

RE‐01Rに対するブリヂストンの意気込みはそのルックスにも表われていて、スリック状のワイドセンターリブからは、開発者のヤル気が伝わってきます。

また、RE‐01で採用されていたタテ溝を排除してしまったというセミスリックショルダーブロックも、その名のとおりSタイヤ並みの接地面積を稼ぎ出しています。

さらに、SタイヤのRE55Sでも使われているコンパウンドを採用。耐熱ポリマーの配合によって、優れたドライグリップ性能を発揮します。

その一方で、耐摩耗ポリマーの配合や横剛性の強化、接地性の向上なども展開し、サーキットでの耐摩耗性も強化。一発のタイムだけではなく、安定して走り続けるられるだけの持続性も手に入れています。

レーシングタイヤではなく、スポーツラジアルとして、現実的な速さを提案しています。

今話題のクルマブログはこちら!→

メンテナンスDVD第3弾!トヨタ 新型プリウス (ZVW30)
プリウスメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第4弾!ホンダ フィット
フィットメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第2弾!ホンダ インテグラタイプR (DC2)
インテグラタイプRメンテナンスDVD

ランサーエボリューション メンテナンスDVD
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク
中古車をパーツで速くさせる方法 ランサーエボリューション Station プジョー 206 Station 洗車機と手洗い洗車で自動車を綺麗にする方法
カーセキュリティーで車の盗難を防止する方法 育毛養毛で若ハゲをぶっ飛ばす方法

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2