自動車用語とチューニング > 自動車用語 > エアクリーナー
まぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」
あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前
(ハンドルネーム可)
メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)
©2002 FORMMAILER ahref.org
Powered by
Google
 

エアクリーナー

エアクリーナーとは、エンジンが燃料を燃焼させる際に必要な空気をろ過させる為の構造部品です。主にBOXタイプとむき出しタイプがあり、吸引効率が高いのがむき出しタイプです。BOXタイプは純正で採用されている、集塵効果を重視したエアクリーナーです。

エアクリーナーの種類

純正交換タイプは、ノーマルと交換するリプレイスタイプです。音がうるさくならず、純正より効率がいいのでパワーアップが期待できます。お手軽でコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

ムキ出しフュルタータイプは、キノコ状のスポンジフィルターを使ったタイプです。吸入効率を重視した粗めのスポンジに専用オイルを浸透させて集塵性を確保。最近では集塵性能をさらに強化した乾式タイプもあります。

ムキ出しジャバラタイプは、吸入効率と集塵能力を兼ね備えたコットンフィルターを使ったタイプです。ジャバラになっているのはフィルターの表面積を増やすためで、細かいホコリも逃がさずしっかりキャッチします。

ムキ出しステンメッシュタイプは、コットンやスポンジの代わりに、目の細かいステンメッシュを使ったフィルターです。集塵性能はその他よりやや劣りますが、吸入効率はもっとも高いとされているパワー指向のフィルターです。

エアクリーナーのメンテナンス

エアクリーナーは交換したあとはメンテナンスフリーのように考えているユーザーも比較的多いですが、安定した集塵性能と吸入効率を保つためには定期的なメンテナンスが必要です。

まず、オイルの塗布された湿式タイプなら、フィルター部分を交換フィルターとして販売されている新品に交換したり、水洗いで洗浄することが必要です。また、乾式タイプならエアを吹きつけるなどしてフィルター部分で集塵したゴミやほこりを除去します。

一般的には、あまり知られてはいませんが、エアクリーナーをリリースするメーカーで水洗い後の塗布用オイルなどメンテナンスキットが用意されていることも多いので、取扱説明書を参考にして定期的なメンテナンスを行うことをオススメします。

ライフサイクルの長いとされる純正交換タイプでも、定期的な汚れチェックと交換が必要です。洗浄のみでOKとするメーカーやフィルターごと交換を理想とするメーカーもあります。チューニングするなら交換サイクルとコストを考えて、オープンタイプにするか純正交換タイプにするかを事前検討しておいてもいいでしょう。

ノーメンテナンスのままでは本来の性能が引き出せず、吸気口率が落ちていく一方のエアクリーナー。月に一度は汚れ具合をチェックして、汚れている場合はメンテナンスするのが理想的です

エアクリーナーのチューニング

チューニングの第一歩といえるのが、吸排気系パーツの交換です。中でも、エアクリーナーボックスのないムキ出しクリーナータイプへの交換は、いろいろな意味で効果の高いチューニングです。

フュルターの表面積は大幅に増大し、しかもまわりを遮るボックスがなくなってるので、吸入効率は大幅に高まり、パワーアップにつながります。他にも、吸気音やエンジンルーム内のドレスアップ効果など、感覚的な効果もいろいろあります。

その反面、吸入する空気がエンジンルームの熱の影響を受けやすいなどのデメリットもあります。吸入空気料が大幅に増大することにより、空燃比が狂ってしまう恐れがあるので、CPUのセッティングも合わせて変更するのが理想的です。

オープンタイプでフレッシュエアを吸わせるには

吸気効率が高い代わりに熱影響を受けやすいとされるのが、オープンタイプのエアクリーナーです。温度の低いフレッシュエアを吸わせればデメリットが解消できるだけに、さまざまな対策を講じているメーカーやショップ、ユーザーは非常に多いです。

代表的な手段としては、エンジンルームの熱気が遮断できるようにエアクリーナー周辺を遮熱板で囲い込むことです。完全なボックス形状でなければ透き間部分の関係で若千の熱影響が残るものの、手軽かつ確実にフレッシュエアが吸えるので人気の手段です。

また、逆転の発想で熱源からエアクリーナー自体をフロントバンパー内などに装着し、遠ざけるという考え方もあります。この場合は雨天時に水を吸い込むリスクもありますが、晴天時ならダイレクトに走行風をエアクリーナーから吸い込めるので効果も抜群で安定してフレッシュエアが供給できます。

遮熱板、ダスト設置、エアクリーナー移設といった手段を中心にして、積極的に愛車の吸気環境を改善していきましょう。


「エアクリーナー」究極の吸気チューニング

究極の吸気チューニングとしては、ショップデモカーなどが採用している逆転インマニでのパイピングロス軽減や、インマニ改造での吸気系トータルチューニングが挙げられます。ただし、いずれも効果のわりにはコストがかかりすぎるというデメリットがあります。

コンマ数秒をきり詰めていくようなタイムアタックマシンなら取り組みたいところですが、一般ユーザーレベルであれば、エアクリーナー&サクションパイプ&インタークーラー程度で吸気チューニングは完成といえます。

吸引空気温度とエアクリーナー遮断版

ワインティングやサーキット走行などで、冬場と夏場を比べると、冬場のほうがなんとなくパワーが出ているような感じがする経験があると思います。

夏場の暑い空気より冬場の冷たい空気のほうが酸素密度が高くなり、同じ体積の空気でも冷たいほうがたくさん酸素が含まれています。

そうすると燃焼に必要な空気がたくさん入るため、より強い爆発になります。ターボ車でインタークーラーを付けて吸入空気を冷やすのも、エアクリに遮断板をつけるのめこの理由です。

今話題のクルマブログはこちら!→

メンテナンスDVD第3弾!トヨタ 新型プリウス (ZVW30)
プリウスメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第4弾!ホンダ フィット
フィットメンテナンスDVD

メンテナンスDVD第2弾!ホンダ インテグラタイプR (DC2)
インテグラタイプRメンテナンスDVD

ランサーエボリューション メンテナンスDVD
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク
中古車をパーツで速くさせる方法 ランサーエボリューション Station プジョー 206 Station 洗車機と手洗い洗車で自動車を綺麗にする方法
カーセキュリティーで車の盗難を防止する方法 育毛養毛で若ハゲをぶっ飛ばす方法

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2